So-net無料ブログ作成

バンクーバーの朝日 映画 あらすじ




今回は、逆輸入的なカンジの映画っす。

その名も「バンクーバーの朝日」です。

そうです、あのカナダの都市ですね。

公開日は12月20日です。


poster2.jpg


あらすじ行きま~す。

アムロいきま~す。



さあ、言いたい事言ったところで(笑)、

ホントにいきます。

時は、1990年代初頭、新天地を夢見て、

カナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働を強いられ、

貧困、差別という厳しい現実に直面します。



そんな中、バンクーバーの日本人街に誕生した

野球チームの「バンクーバー朝日」は、

そのフェアプレー精神で、多くの日系移民たちから支持され、

彼らに勇気と希望を与えます。



そして、驚くことに、白人社会からも

賞賛と人気を勝ち取っていきます。


これを観たら、バンクーバーに行きたくなるかもしれませんね。

なぜかって言うと、これは実話だからです。



どんな日本人が、どんな思いで、どんなところで

プレーしたのかを肌で感じ取ってみたいですよね。

実際に、バンクーバーに行ったことがある人でも、

この物語知らない人って大勢いるんじゃないでしょうか。



この記事を見ている人は、

今度バンクーバーに行くことがあったら、

ぜひ彼らの足跡でも探してみてください。



こういう事って、何かのきっかけで、

ボンと火がついて色々とその後に、

語り継がれていったりするかもしれませんから、

その時に、「オレ、バンクーバー行って、この人達のプレーした球場

見たぞ!!」とか言えるように、

行ける時に行っておきたいですね。






スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。