So-net無料ブログ作成
検索選択

幸せのありか 映画 あらすじ




今回はポーランド映画です。

公開日は12月13日です。


poster2.jpg 1409539088.jpg


どんな映画か?

さっそくいってみましょう。



いわゆるヒューマンドラマです。

幼いころに医師から植物状態と診断されたマテウシュは、

愛情にあふれた両親のもとで、幸せな子ども時代を過ごします。



しかし、成長して体が大きくなるにつれて、

家族との生活は困難になり、姉の結婚を機に、

病院に入れられてしまいます。



母や看護師に不満をぶつけてばかりのマテウシュは、

ある日美しい看護師マグダに会い、こころをかよわせるようになりますが、

そっから先はどんな展開が・・・?

というカンジです。



こういう役を演じるのって凄く難しいとおもうのですが、

どうなんでしょうね~。

記憶に新しい所で言えば、日本でも「ATARU」で

SMAPの中居さんが障害のある天才児を演じていましたね。



中居さんは演技がとてもうまいので、

みごとに演じ切っていましたよね。

まあ、アタルの場合は体を動かせる人の役なので、

そこのへんの苦労はな方かもしれませんが。



ところで、この映画は、日本では、「ポーランド映画祭2013」

で、「ライフ・フィールズ・グッド」というタイトル

上映されているそうです。



「しあわせのありか」ってどういうことなんでしょうかね。

何か、ぼくら健常者には推し量ることさえできないような、

こういった障害のある方だからこそ気付くような、

幸せが、こんなところにもありますよっていう

メッセージかなと、勝手に思ってしまいましたが、

答え合わせは劇場でしてみようと思います。









スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。